思春期ニキビと大人ニキビ

思春期ニキビと大人ニキビの違いとはどのようなものでしょうか?

思春期ニキビと大人ニキビ

ニキビといえば10代の思春期にできるイメージがありました。しかし現代社会では大人になってから発症するケースが増えており、両者の違いを知った上で適切な対策を行っていく必要があります。原因が異なるため、対策方法にも違いが出てくるからです。

 

では思春期ニキビと大人ニキビにはどのような違いがあるのでしょうか?まず原因から見ていきましょう。思春期の場合は成長ホルモンの活発な分泌がおもな原因。それが皮脂分泌を増加させ、毛穴を詰まらせてしまうのです。そのためなかなか改善が難しい一方、大人になるにつれて自然と収まっていきます。一方大人ニキビの場合はストレスや糖分・脂分が多い食生活などによる皮脂分泌の増加や、胃腸機能の低下による免疫機能の低下、さらにホルモンバランスの乱れなど生活習慣や健康状態の乱れによって生じるのが大きな特徴です。しかも単独の原因ではなく複数の原因が絡み合って発症することがほとんどです。そのため日々の生活の中で原因を改善すればニキビを解消していくことができる一方、その原因の改善が非常に難しく、慢性化してしまうケースが多く見られます。

 

発生する部分にも違いが見られます。思春期ニキビの場合は皮脂分泌が多いTゾーンに発生するケースが多く見られます。おでこに赤いブツブツができてしまったり、鼻の頭が黒ずんでイチゴ鼻と呼ばれる状況になってしまうのが代表的な症状として挙げられます。それに対して大人ニキビの場合はフェイスラインや顎、口の周りなどに生じやすい傾向が見られます。衣服や髪の毛が擦れてその刺激で悪化しやすくなるのも特徴です。

 

さらに大人ニキビの場合は過剰なスキンケアなど誤った対策で生じたり悪化するケースもよく見られます。思春期ニキビは体のメカニズム上避けられない面があるのに対し、大人ニキビは日ごろの対策が重要な意味を持ってくるだけに違いをしっかりと把握したうえで適切な対策と生活習慣の改善を行っていきたいところです。

大人ニキビで使ってみたい洗顔料ベスト5