大人ニキビ洗顔料

ニキビでやってはいけない洗顔方法とはどのようなものでしょうか?

ニキビでやってはいけない洗顔方法

ニキビに悩まされている時には洗顔方法に注意しなければなりません。洗顔がニキビ肌をさらに悪化させてしまう恐れがあるからです。ではニキビでやってはいけない洗顔方法とはどのようなものなのでしょうか?

 

まず洗顔料選び。刺激の強い洗顔料やクレンジング剤はご法度。どんなに丁寧に洗っても敏感になったニキビ肌に悪影響を及ぼしてしまいます。できるだけ低刺激のもの、植物由来の成分が使用された肌に優しいものを選びましょう。オイルやアルコールが含まれていないもの、また弱酸性ではなくアルカリ性のものがオススメです。

 

それから熱いお湯で洗うのも要注意。熱いお湯の法が洗顔料の泡立ちがよく、汚れを落としやすい印象がありますが、その刺激で炎症を悪化させてしまうケースがあります。これはすすぎの際にも要注意です。すすぎに関してはさらにやってはいけないポイントがあります。まず不足と過剰。不十分なすすぎは洗浄成分を肌に残してしまい肌に悪影響をもたらします。一方あまり熱心にやりすぎても逆効果。ほどよい範囲内でしっかりと汚れと洗浄成分を落としていくよう心がけましょう。もうひとつは入浴時に洗顔をする際にシャワーを直接顔に当てないこと。とくに勢いのあるシャワーは要注意です。このすすぎに関してはあまり意識が向かないことが多いので注意したいところ。

 

洗う際にはよく泡立てることはもちろん、強く擦らずに洗っていくことが大前提です。とくにニキビで表面がザラザラしている部分は無意識のうちに強く擦ってしまいがち。あくまで泡の力で落とすよう心がけましょう。これが出来ていないとみすみすニキビを悪化させてしまうことになります。

 

こうしたやってはいけない洗顔方法を踏まえたうえで毎日の洗顔を行っていきましょう。ともかく肌に刺激を与えず優しく洗っていくこと。その上で毛穴汚れをできるだけ落とし、有効成分を肌へしっかり浸透させる洗い方や洗顔料選びを心がければ効果が得られるはずです。

大人ニキビで使ってみたい洗顔料ベスト5